Post

img detail

 ベトナム人も日本人と同じように、旅行に行った時などはお土産を買いますよね。買う目的はもちろん、贈った人に喜んでもらうためですが、何となく“義務”的をもの感じていないですか?私もそう。ハノイに里帰りする時、一番悩むのは「お土産に何を買うか」です。

 日本は4月、新年度が始まります。学校や会社では新入生や新入社員が勉強や仕事を始めます。ベトナムからの留学生や研修生、実習生のほか、特定技能で来日する人も大勢いると思います。その準備として、生活用品以外にこれから出会う学校関係の方々や会社の上司、先輩などに差し上げるお土産は何にしようかな、と悩んでいませんか。日本人が、ベトナムからのお土産は何が好きで何が好きではなかを事前に知っておくと便利だと思います。

 日本では、「お土産」と言うと大体は箱に詰めたお菓子が多いです。お饅頭、クッキーなど、選択肢は沢山あります。日本人は甘い物が好きですからね!また、日本人はカバンや携帯電話などに小物をつけるのが好きですから、現地の飾り小物、例えば携帯のストップなどは人気です。

 では具体的に、日本人がベトナムからのお土産をもらう場合、何をもらうと喜ぶでしょうか?ベトナムと関係が深いある日本人の方は、「僕はネクタイが好きですからベトナム製のシルクネクタイは嬉しいです。時々、妻や娘にシルクのストールを買ってきますが、みんな喜びますよ」と話してくれました。「ベトナムのお菓子はどうですか」と聞いてみると別の男性は、「僕の職場はベトナム人が多いのでよくベトナムのお菓子を買ってきましたが、みんなが好きなのはドライマンゴとカシューナッツ、そしてドライジャクフルーツですね。食べやすいし、ベトナムっぽいじゃないですか。でも、コーヒー、特に「3 in 1」のインスタントコーヒーはダメですね!」と笑いながら話していました。なるほど。ベトナムは世界第2位のコーヒー生産国であることが、なかなか知られていないのですね。日本人にとってコーヒーはブラジルのイメージが浮かびますからね。ベトナムのコーヒーも負けていませんから、ぜひ飲んで味わってみてほしい!

 人によって好みは違いますが皆さん、これから出会う人はどんな方々なのかを想像しながらお土産を選べば、きっと喜ばれるに間違いありませんよ。