ブログ

img detail
2019年11月18日 ブログ

 紅葉のシーズンを迎え、もうすぐ本格的な冬がやってきます。日増しに寒くなっていく今日この頃……どんな冬服を準備すればいいのか、一緒に考えましょう!

1.冬に必要な服

 まずは寒い冬に必要なアイテムをご紹介します。

 長めのアウター、タートルネックセーター、ストレッチウールニットセーター、ジーンズ、スカート(素材:スエード、コーデュロイ、ニットなど)、ベレー帽、タイツ、レギンス、レッグウォーマー、ウールの靴下などをそろえましょう。それらのアイテムにブーツやスニーカーを組み合わせるのがオシャレです!

 また日本では、保温効果が高いインナー(ヒートテック)を売っていますので、何枚も重ね着する必要がなく、ファッションを自由に楽しめます。誰もが1~2着は持った方が良い〝寒い日本の必需品〟ですね。

 寒さが厳しい雪の日や深夜、早朝に外出する人たちはインナーに加え、ニットキャップ、耳あて、ネックウォーマー、厚手の手袋、スノーブーツなどを準備しておくのがおススメです。

2.洋服の色

 冬は、紺、黒、グレーなどの暗めな色の服が多く出回りますが、そこまで季節を意識した色のものを着なくてもいいと思います。ただ、どのお店でも暗めの色の服が増えてきますので、そこに差し色として明るめな色のものや奇抜なカラーのものを持ってくると、インパクトもあるだけでなく、個性も主張できます。逆に落ち着いた雰囲気にしたい、または無難な感じにしたいなら、同系色のコーディネートでまとめるのが失敗もないし簡単ですね!

3.冬服を買うお得な期間

 冬服のセールは12月からスタートします。まず月初めにプレセール、中旬にグランドセール、そしてクリスマス直後からクリアランスセールが始まります。そして1月に入ると新春セール等が開催されます。シーズンごとのセールの中で、一番お得感があるのが冬のセールではないでしょうか。単価が高いため、割引率によってはかなり割安になりますし、コートなどの厚手のアウターは流行に関係なく長く着られるものが多いです。この時期に少し奮発してでも多くのアイテムを購入しておきたいですね!

以上、日本の冬服の紹介でした。
暖かく、オシャレな冬を思いきり楽しみましょう!