ブログ

img detail
2020年07月22日 ブログ

香ばしくてボリューム満点なおかずは、白いご飯がすすみますね。今回のKOKOROは、“豚の生姜焼き”をご紹介します。

生姜と醤油の組み合わせは、和食ならではです。

材料(二人分)

豚肉(しょうが焼用): 200g
キャベツ : 2 枚
トマト(適宜)
サラダ油: 少し

調味料
醤油: 大さじ2
酒: 大さじ2
みりん: 大さじ2
おろし生姜: 大さじ1
砂糖: 小さじ1

豚の生姜焼き

作り方

  • 1生姜をすりおろし、キャベツは千切りにします。
  • 2調味料をかき混ぜて、豚肉を入れます。軽くもみ込んで、15分くらい置いておきます。(注意:長く味付けをしてしまうと、肉はパサパサになり、美味しくなくなります。)
  • 3フライパンを強火で温めてサラダ油を入れ、豚肉を重ならないように並べて入れます。

  • 4強めの中火で上下を返しながら焼きます。
  • 5両面の肉が少しこんがりした焼目になったら 残りの調味料を入れ、中火にして2回ほど肉の上下を返し、火を止めます。
  • 6キャベツやトマトなどをお皿に盛り付けて生姜焼きを並べ、温かい白いご飯と一緒に食べます。

アレンジレシピ

  • 1今回は、完成時に良い色を出すため砂糖を使いましたが、生姜と醤油味だけが好きな場合は、砂糖とみりんを使わなくても結構です。
  • 2時間がない時のために、下味を付けた後すぐに保存袋に入れて冷凍しておけば、炒めるだけですぐできます。
  • 3よく白いご飯と一緒に食べますが、レタスや千切りキャベツなどと軽く焼いた食パンに挟んでもとても美味しくて、お勧めです。

日本の調味料紹介コーナー

「みりん」

• みりんは、日本料理の調味料。アルコールは14% 糖分は40~50%。

• 普通のお酒はサラサラしていますが、みりんはトロトロしているのが特徴です。甘みをつけて料理の味をまろやかに優しく仕上げ、艶を出す効果もあります。

• スーパーやコンビニエンスストアなど、どこでも購入できます。ただ、アルコールが入っているので、コンビニエンスストアで購入の時に年齢を確認されることがあります。