ブログ

img detail
2020年09月9日 ブログ

日本の季節は秋ですが、厳しい残暑が続いています。今日は鶏肉とお野菜をたっぷり使って、炊飯器で簡単かつ栄養が満点で美味しい炊き込みご飯という料理を紹介します。

材料 (4人分)

0. 米: 2カップ
1. 鶏もも肉(又はむね肉): 1枚
2. ごぼう: 40cm
3. 人参: 1/2本
4. 干ししいたけ/又はしいたけ(適宜): 3枚
5. 油揚げ: 2枚
6. こんにゃく: 100g
7. だしの素(顆粒): 大さじ1
8. 醤油: 大さじ2
9. 酒: 大さじ2

炊き込みご飯

作り方

  • 1米は、水で洗って炊飯器に入れ、2カップの水を入れて1時間ぐらいに浸しておきます。
  • 2干ししいたけを使う場合は、さっと洗って水につけて戻します。柔らかくなったら水をしぼって、戻し汁を利用してご飯を炊くといい香りになります。しいたけの軸を取って薄く切ります。生しいたけを使う場合、そのまま薄く切ります。
  • 3油揚げは、お湯をかけて油抜きをします。縦半分に細く切ります。
  • 4ごぼうは、皮をこするように洗って、ささがきにします。変色しないようにしばらく水に漬けて、そのあと水を切ってしぼります。
  • 1米は、水で洗って炊飯器に入れ、2カップの水を入れて1時間ぐらいに浸しておきます。
  • 2干ししいたけを使う場合は、さっと洗って水につけて戻します。柔らかくなったら水をしぼって、戻し汁を利用してご飯を炊くといい香りになります。しいたけの軸を取って薄く切ります。生しいたけを使う場合、そのまま薄く切ります。
  • 3油揚げは、お湯をかけて油抜きをします。縦半分に細く切ります。
  • 4ごぼうは、皮をこするように洗って、ささがきにします。変色しないようにしばらく水に漬けて、そのあと水を切ってしぼります。

  • 5にんじんは皮をむき、3㎝×5㎝の短冊切りにます。
  • 6こんにゃくは10分ほど茹でます。人参と同じ薄い短冊に切ります。
  • 71の米にだしと醬油とお酒を加えてまんべんなく混ぜ、すべて具を並べて炊きます。炊飯器に「炊き込みご飯モード」があれば利用します。
  • 8炊き上がったらしゃもじで優しくお米と具がまんべんなくなるように混ぜれば完成です。
  • 5にんじんは皮をむき、3㎝×5㎝の短冊切りにます。
  • 6こんにゃくは10分ほど茹でます。人参と同じ薄い短冊に切ります。
  • 71の米にだしと醬油とお酒を加えてまんべんなく混ぜ、すべて具を並べて炊きます。炊飯器に「炊き込みご飯モード」があれば利用します。
  • 8炊き上がったらしゃもじで優しくお米と具がまんべんなくなるように混ぜれば完成です。

完成

アレンジレシピ

  • 1ゴボウにだしと醤油の味がしみこみ、日本料理特有の風味を感じることができます。茶碗にふんわりよそった後、黒ゴマや刻みのり、大葉の千切りなどをトッピングすると、色々な風味が楽しめます。
  • 2残った炊き込みご飯はおにぎりにすると、冷めても美味しいです。
  • 3季節は秋ですから、鶏肉の代わりにサンマを使っても、秋らしい味を楽しめます。
  • 1ゴボウにだしと醤油の味がしみこみ、日本料理特有の風味を感じることができます。茶碗にふんわりよそった後、黒ゴマや刻みのり、大葉の千切りなどをトッピングすると、色々な風味が楽しめます。
  • 2残った炊き込みご飯はおにぎりにすると、冷めても美味しいです。
  • 3季節は秋ですから、鶏肉の代わりにサンマを使っても、秋らしい味を楽しめます。

日本の調味料紹介コーナー

だしの素 (ほんだし)

●   だしの素は日本の調味料の一つです。

●   粉末や顆粒の状態でスーパーなどに売っています。お湯に溶かすだけで簡単に使えます。かつおぶしや昆布などからだしを取ることと比べると、時間が短縮できます。

●   また、野菜炒めなどの味付けに使うこともできます。

だしの素 (ほんだし)

●   だしの素は日本の調味料の一つです。

●   粉末や顆粒の状態でスーパーなどに売っています。お湯に溶かすだけで簡単に使えます。かつおぶしや昆布などからだしを取ることと比べると、時間が短縮できます。

●   また、野菜炒めなどの味付けに使うこともできます。