わたしの体験

img detail
2020年03月16日 わたしの体験

今回の先輩

Cường Đỗ Mạnh(ドー・マイン・クオンさん)

1995年生まれ、ハノイ出身
2013年 6月 DAN PHUONG高校卒業
2013年 9月 ハノイ工業大学入学
2014年 6月 送出機関の日本語センター入学
2014年 6月 ハノイ工業大学休学
2014年 12月 山梨県で技能実習開始
2017年 12月 技能実習修了、ベトナムに帰国
2018年 1月 送出機関入社
2018年 10月 送出機関退社
2019年 1月 日本の健康器具販売会社のベトナム法人入社

Mail: domanhcuong271195@gmail.com

実習3年でN1に合格した日本語力が武器

ハノイ市内の小さなオフィスの2階。長い順番待ちの末にやっと27席の一つずつに座った中高年の男女がクオンさんの健康講座に聞き入る。いすには電気健康器具の通電シートがしかれ、30分の講座を聴く間、器具を無料体験できる。肩こりや頭痛など様々な症状に効果があるといい、これが目的で何度も足を運ぶ人が多い。ここは日本の健康器具販売会社のPRセンターで、ハノイに7カ所あるうちの一つだ。講座は4人のスタッフが30分ずつ交代で担当し、1日に14回行う。初回に会員登録し、2回目からは受付に会員カードを出した順に受講できるが、1階待合室はいつも満員で、3時間待ちのこともある。

健康について講義をするクオンさん【2019年10月】

この器具は1台129,000,000ドン(税込・約61万円)と89,000,000ドン(同・約42万円)の2種類。皆が買うわけではないが、来てくれるだけで歓迎するのがクオンさんの方針だ。器具は買わなくても、友人を連れてきてくれる人もいるし、無料体験で健康になってくれればPRにもなる。来場者は居心地がよいのか、2019年4月のオープンから10カ月間で会員は約400人に達した。そのほとんどが口コミで、器具は1カ月に7台から十数台売れる。クオンさんの手取り月給は約16,000,000ドンだが、センターの売り上げに応じてコミッションが加算され、その額が月給の3、4倍になることもしばしばだという。

収入安定で家庭もますます安泰。妻とハノイ市内のフォー店で。【2019年10月】

クオンさんはセンター長で、人材会社のサイトで「N2以上、営業が得意」という条件を見て応募した。技能実習の3年間で日本語能力試験(JLPT)のN1に合格した日本語力がクオンさんの武器だ。

以下に、クオンさん本人による日本での実習体験を紹介する。

日本語センターで先々まで予習

私は大学で溶接を専攻していましたが、ある日、学内で技能実習生の送出機関のポスターを見ました。「日本に行けば毎月15万円(約30,000,000ドン)稼げる」「日本語を身につけ、日本語の先生になれる」と書いてありました。溶接の仕事に興味を感じていなかった私は技能実習生になろうと決心しました。大学を休学して送出機関に入りました。寮から約10㌔離れた実家には毎週1回帰りましたが、勉強に集中するため宿泊せず日帰りでした。送出機関の日本語センターで使った「みんなの日本語」という教科書は1~25巻がN5向け、26~50巻がN4向けで、授業で35巻まで習いました。しかし、私は自分で50巻まで勉強してから日本に行きました。最後は、成績が8クラス計約200人の中で一番でした。先に自習したことを授業で復習する形になり、よく覚えられたのだと思います。

目先の金より将来の収入

私はセンターで約8カ月間勉強して2014年12月に日本に行きました。実習先は、金属ワイヤーを加工して金網などを作る山梨県内の工場でした。ベトナム人男性が10人(3年目は15人)いて、日本人と合わせて100人余り。コイル状のワイヤーをクレーンで直線機という機械にセットし、機械からワイヤーが真っすぐになって出てきたら指定の長さに切断するのが私の仕事でした。9台の機械を受け持ちましたが、機械からワイヤーが出てくるのを待つ時間が長いので、その間に日本語を勉強しました。また、残業はなるべく入れないよう会社にお願いし、夜の勉強時間を確保しました。最初はたくさん残業したのですが、「技能実習3年分の残業代」と「日本語を身につけた後に何年にもわたって稼げるお金」を比較し、「目先のお金」より「将来の仕事と生活」を選んだのです。

機械から直線になって出てきたワイヤーを切断【2017年】
会社の役員(手前左から2人目)やベトナム人の実習生仲間たち【2016年】

私のN1必勝法〈ツール編〉

私は訪日から1年後の2015年12月に日本語能力試験(JLPT)のN2に不合格(あと1点で合格)でしたが、2016年7月にN3に合格し、2017年12月にN1に合格しました。

JLPTのN1に合格【2017年12月】

◇参考書、問題集◇

私は日本語教材にお金を惜しみませんでした。日本に行く前に約1万円(約2,116,000ドン)、訪日後も約19万円(約40,197,000ドン)使いました。日本語力を確実に身につければ、将来回収できると確信していたからです。私が使った教材の中で、ある程度勉強した人には「新完全マスター」シリーズが特にお勧めです。

・「新完全マスター」シリーズ(出版社:スリーエーネットワーク)

お世話になった日本語教材の数々

◇ヒアリング◇

ヒアリングは「耳から覚える日本語能力試験 語彙トレーニング」に付いていたCDを毎日聴きました。CDの中身をパソコンを使ってアイフォンに保存し、仕事中にイヤホンで聴いたのです。また、インターネットの「SAKURA TV」もよく視聴し、仕事中や休日には、日本人と積極的に会話もしました。

・「耳から覚える 日本語能力試験」シリーズ(出版社:アルク)

・SAKURA TV

◇単語暗記アプリ◇

単語は「AnkiMobile」という有料アプリ(アンドロイド携帯からは無料)を使って覚えました。私はヒアリング力と単語力が強かったのですが、単語力はこのアプリの力によるところが大きかったです。

AnkiMobile

私のN1必勝法【生活編】

仕事のない週末は、アパートか山梨県立図書館で勉強しました。図書館はエアコンが効いていて快適ですし、静かで、勉強に最適でした。早めに起きてJR甲府駅構内のベンチで朝8時から勉強し、駅近くの県立図書館が開くとそちらに移りました。お昼は近くの甲府城でお弁当を食べ、その後、国立山梨大学に行きます。ここでボランティアの日本人が無料の日本語教室(毎週日曜日14時~16時)を開いており、いろんな国の人と一緒に勉強しました。

山梨県立図書館 Ⓒ毎日新聞社

同僚の実習生は休日は遅くまで眠るかスマートフォンで遊ぶことが多く、だれも日本語の勉強をしていませんでした。私はあまり遊ばず、「生活費を稼ぎながら日本に留学(自習留学)」という感覚で、できるだけ学習に時間を取りました。勉強に集中するため最初の2年間はFacebookもやめたほどでした。

私の家計簿(1カ月の平均)

※100円=21,156 VND(2020年2月17日現在)

手取り給料(100,000円~155,000円)

手取り給料 85,000円~93,000円
※税金、社会保険料、寮費を引いた後の手取り額
※このうち寮費は20,000円(2ベッドルームのアパートに3、4人/冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど家電は会社が用意)

支出(合計40,000円~50,000円)

光熱費 0円
※寮費に込み(水道、電気、ガス)
インターネット 1,000円
※寮の6、7人でシェア
※携帯電話はSIMなし(Wi-Fiのみ使用)
食費・交通費 37,000~60,000円
※勉強時間確保のため主に外食中心
※図書館への交通費。たまに仲間とレジャー。
※教材費は別途

差額(貯金) 平均40,000円

※貯金を2、3カ月に1回、両親に送金。1回の送金は10万円程度。

※送出機関に支払うための借金を3年間で返しただけで貯金はゼロ。しかし、帰国後、高収入を継続し、両親にも還元。

寮(会社が実習生のために借りたアパート)。周囲にはモモやブドウの畑がありました。【2017年】

送出機関での仕事

2017年12月に帰国後、父の知人の紹介で大手送出機関に入社しました。資料の翻訳や面接での通訳、営業などが仕事です。営業先は、日本の受入組合や受入会社などで、ハノイから日本に電話して面会約束を取り、出張して技能実習などの求人を回してくれるよう交渉します。合意すれば、先方にベトナムに視察に来てもらい、その際に飲食店やマッサージ、カラオケなどで接待します。しかし、ほどなく仕事内容に疑問を感じるようになり、10カ月で退職しました。仕事をするからには、なるべく世の中の役に立つ仕事をしたいと思っていたのですが、この仕事は違うのではないかと思ったからです。

送出機関でもよいことはありました。例えば、妻と出会えたこと(笑)。【2018年】

日本人の親切

ほとんど仕事と勉強だけの生活でしたが、目標に向かって努力を続けたので充実感がありました。また、職場で楽しい仲間や親切な先輩たち恵まれ、楽しい思い出もたくさんできました。

【日本の「お父さん」「お母さん」】

私たち技能実習生にとても親切にしてくれる三科さんという60歳代の先輩がいて、野菜や果物を私たちの寮によく差し入れてくれました。「ベトナム人には日本の冬の寒さはつらいだろう」と、服や靴下、手袋を買って持ってきてくれたこともあります。私たちは5、6人で月に1、2度、電車に乗って三科さん宅に遊びに行き、ご飯をごちそうになったり、一緒にボーリングに出かけたりしました。私たちは三科さんご夫妻のことを「お父さん」「お母さん」と呼んでいました。山梨大での無料日本語教室を見つけてきてくれたのも三科さんで、最初の日、ご夫婦で車で私を大学に連れて行き、教室が終わるまで外で待っていてくれました。

三科さん宅で日本のお正月をお祝い。実習生仲間6人で訪問。【2016年1月】
三科さんと工場の社員食堂で【2017年秋】

【国際交流イベント】

常務の福岡さんは、地元自治体が主催する年2回の国際交流イベントに私たちをポケットマネーで行かせてくれました。地元の外国人約100人が集まるイベントで、職場の実習仲間約10人でよく参加させていただきました。

【日本人の先輩たち】

日本人の先輩たちと私たち実習生とでバーベキューを楽しんだりスケートに行ったりもしました。こういう時は、先輩たちが費用をほとんど負担してくれました。また、年に2、3回、先輩たちとベトナム人仲間とで飲みに行くこともありました。

職場の十数人で魚釣りの後、釣った魚でバーベキュー【2015年6月】
山梨県の遊園地「富士急ハイランド」でアイススケート。背後に富士山。【2016年】

【寮の仲間】

寮の仲間とは、後輩実習生の歓迎会をしたり、時々花見や近くに観光に行ったりしました。休日の夕方はサッカーをすることもありました。私が図書館から帰るのに合わせて夕方に設定してくれたのです。

職場の仲間たちと桜の花見【2015年4月】
甲府市内の中学校グラウンドで技能実習仲間でサッカー【2017年秋】
仲間の部屋で私(左下)と同期生の送別会【2017年12月】

せっかく行くならよい留学・就労を

このように、私の日本滞在は充実した内容でした。日本に行ったからといって、何もせずに自動的に日本語が身につくわけではありません。逆に、しっかり準備してから訪日し、日本でも毎日努力すれば、日本語力や仕事に対する日本的な考え方など大きな財産が身につきます。なるべく少ない借金で日本に行き、日本在留中はお金を稼ぐより能力を磨くことを優先すれば、留学や技能実習が終わってからの仕事のやりがいも収入もまったく違ったものになるでしょう。後輩の皆さまのご検討をお祈りします。