ブログ

東京オリンピック2020 ー見どころとお知らせー

東京オリンピックまとめ-スタジアムリサイズ:3対2
2021年07月15日

By KOKORO(毎日新聞社+VAIJ主催、在ベトナム日本国大使館など後援)

新型コロナウイルスの影響で1年延期された「東京オリンピック2020」がいよいよ開幕します。日本にいる人もベトナムにいる人も、みんな楽しみにしているのではないでしょうか。このブログでは、日本で注目されている競技の日程や祝日の変更についてご紹介します。日本人が金メダルを取ると、その日のテレビや翌日の新聞で大きく報道され、大騒ぎになりますので、日本にいる方々は参考にしてください。

東京オリンピック2020の大会概要

現在は東京都内にあるオリンピックの聖火Ⓒ毎日新聞社

【大会期間】 2021年7月23日(金)~8月8日(日)
【競技種目数】 33競技339種目

7月に入ってから、オリンピックの事前合宿などに臨む選手、関係者の入国が本格化しています。大会には選手1万人以上、関係者約41,000人が来日する見通しです。

新型コロナ対策

日本政府は7月12日から8月22日の6週間、東京都に対し4回目の緊急事態宣言を発令しました。このため東京オリンピックは、宣言下で開催される異例の大会となります。

入国選手に関するコロナ対策については、6月に来日したウガンダ選手団に新型コロナウイルスの陽性者が出たことで、受け入れる日本側の水際対策などの課題が浮き彫りになりました。その対応として成田空港では、入国した選手団に一般旅客とは別の専用レーンを移動してもらうなど、選手団と外部との接触を遮断しています。

空港での検疫で陽性者が出た場合は、その人の航空機の座席情報を基に濃厚接触の可能性がある人を特定するようにしました。特定された人は全員、検疫所が用意する別のバスでホテルや合宿地に運ばれ、安全が確認できるまで活動はできません。

また、日本オリンピック委員会(JOC)は日本代表選手や候補選手の約95%が新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける見通しであることを明らかにしています。

無観客または人数制限

東京オリンピックのメイン会場となる国立競技場Ⓒ毎日新聞社

日本政府や東京都、国際オリンピック委員会(IOC)など5者は6月21日、「観客の上限を最大1万人」とすることで合意しました。しかし、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置下での国内イベントは「観客数は最大5,000人」と決めており、「オリンピックだけ特別扱い」と批判されました。

そこで、5者協議は7月8日、緊急事態宣言の発令を受け、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で実施される競技を無観客で開催することを決めました。宮城、福島、静岡の3県は観客の上限を収容定員の50%以下(上限10,000人)とし、茨城県は「学校連携観戦プログラム」で観戦する児童・生徒に限定して認めます。マラソンなどが行われる北海道については現時点では対応が決まっていません。

JR東日本は、オリンピック期間中に首都圏で深夜に臨時列車を運行すると発表しました。しかし、発表後、SNSで「無観客ならば深夜運行は不要ではないか」との批判も上がっています。

日本で注目されている競技の日程

大相撲で有名な両国国技館ではボクシング競技が行われるⒸ毎日新聞社

新型コロナの影響で東京オリンピックの準備は混乱が続いています。しかし、オリンピックは4年に1度の世界的大イベントです。公共施設などでのパブリックビューイングもほとんどが中止となっていますので、感染対策を十分に施した上で、オリンピックイヤーを楽しみましょう。

大会では、開催国である日本選手の活躍が期待されます。日本人から注目されている競技の開催日程を紹介します。

◼️ 注目競技の日程
7月21日 女子サッカーやソフトボールの競技がスタート
7月22日 サッカー男子の予選リーグが日本各地で始まる
7月23日 開会式
7月24日 柔道でメダル第1号に期待
7月25日 競泳・男子400メートル個人メドレー
7月26日 体操の男子団体決勝(日本は2大会連続の金に期待)
7月27日 ソフトボール決勝
7月28日 ラグビー男子決勝、体操男子個人総合決勝
7月29日 卓球女子シングルス決勝
7月30日 柔道男子100キロ超級
7月31日 テニス女子シングルス決勝、柔道の新種目・混合団体
8月1日 陸上男子100メートル決勝、テニス男子シングルス決勝
8月2日 バドミントン女子ダブルス決勝
8月3日 サッカー男子準決勝
8月4日 ゴルフ女子
8月5日 卓球女子団体決勝
8月6日 陸上男子4×100メートルリレー
8月7日 野球、サッカー男子の決勝
8月8日 陸上男子マラソン(札幌)、閉会式

ベトナム選手団

国立競技場前に設置されたオリンピックモニュメントⒸ毎日新聞社

東京オリンピックに出場するベトナム選手を紹介します。活躍に期待して応援しましょう。

Môn thi đấu(競技) Tên tuyển thủ(選手名)
Taekwondo(テコンドー) Trương Thị Kim Tuyền
Bơi(水泳) Nguyễn Huy Hoàng, Nguyễn Thị Ánh Viên
Thể dục dụng cụ
(男子体操)
Lê Thanh Tùng, Đinh Phương Thành
Boxing(ボクシング) Nguyễn Văn Đương, Nguyễn Thị Tâm
Judo(柔道) Nguyễn Thị Thanh Thủy
Cầu lông(バトミントン) Nguyễn Tiến Minh, Nguyễn Thùy Linh
Bắn cung(アーチェリー) Đỗ Thị Ánh Nguyệt, Nguyễn Hoàng Phi Vũ
Rowing (đôi nữ)
(女子ボート)
Lường Thị Thảo,Đinh Thị Hảo
Cử tạ
(ウエイトリフティング)
Thạch Kim Tuấn,
Vương Thị Huyền hoặc Hoàng Thị Duyên
Điền kinh(陸上) Quách Thị Lan
Bắn súng(射撃) Hoàng Xuân Vinh
※7月5日現在

祝日の移動に注意!

皆さん、東京オリンピックの開催に伴い、三つの祝日が移動していることを知っていますか?カレンダーで祝日になっている日が平日であったり、平日だった日が祝日になったりしていますので、注意しましょう。

これば、祝日を変更する根拠となる改正五輪特別措置法の成立が2020年11月だったため、その時点ですでにカレンダーや手帳が生産され、販売されていたからです。

祝日の移動は次のとおりです。
1 「海の日」=7月19日→7月22日(開会式の前日)
2 「スポーツの日」=10月11日→7月23日(開会式)
3 「山の日」=8月11日→8月8日(閉会式)

※閉会式の8月8日は日曜ですので、翌日9日が振替休日となります。

あらためて祝日を確認しておくといいですよ。

人気記事ランキング

Platinum Sponsor

Bronze Sponsors

  • シューワ
  • エール学園

後援

  • 在ベトナム日本国大使館
  • 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
  • JNTOハノイ事務所
  • 関西経済連合会
  • 公益社団法人 ベトナム協会
  • NPO法人 日越ともいき支援会
  • 一般社団法人 国際人流振興協会

協力

JASSO(日本学生支援機構)

外国人労働者弁護団

新着記事