ブログ

img detail
2020年04月20日 ブログ

 日本に住む留学生の皆さん、アルバイト探しにはいくつかのポイントがあります。ここでは、簡単・安全にバイトを探す方法、失敗しないバイト探しの秘策を紹介します。

 最近は、日本のベトナム人留学生が増えています。アルバイトのニーズも高まっており、以前と比べて見つけやすくなっています。「日本に来たばかりであまり日本語が話せないからアルバイトができない」「アルバイト情報サイトを見ても何が書いてあるかわからない」とあきらめていた人も、この記事を読めばうまくアルバイトを探せますよ。

通っている大学(学校)の学生生活課などの紹介や、学校の掲示板にある貼り紙留学先(大学、専門学校、日本語学校)の学生生活課などの紹介や学校の掲示板から探す

留学生を受け入れる学校の多くは、留学生にアルバイトを紹介しています。学校と提携している企業なら、外国人への理解も高く、採用される可能性も高いです。また、学校から紹介された企業なら、留学生の学業がおろそかにならないように配慮してくれるでしょう(ただし、問題のある学校の場合は、そうとは限りません)。

先輩、友達、知り合いからの紹介

  アルバイトを探すうえで非常に便利なのは、やはり先輩や友だちからの紹介です。飲食店、ホテル、コンビニなどには、ベトナム人の正社員やアルバイトが多くいますので、紹介してもらえば、採用されやすくなります。居酒屋やスーパーなどで「どうやってこのバイトを見つけましたか?」と聞くと、「友達から紹介してもらいました!」という返事が返ってくることが多いですよ。

日本のベトナム人コミュニティに参加してアルバイトを探す

  日本に住むベトナム人のフェイスブック上のコミュニティ・グループが全国にあります。自分が住むエリアのベトナム人らがつくっているFBグループに参加し、求人情報を探しましょう。東京、名古屋、大阪などの地域ごとにFBグループがあります。

公共職業安定所

  日本では、アルバイトの最低賃金が法律で定められており、国が運営する公共職業安定所(ハローワーク)が紹介するアルバイトは安全なケースが多いです。ハローワークのウェブサイトでも求人を検索できますが、日本に不慣れな間は、各地にあるハローワークを訪問して係の人に相談するとよいでしょう。

全国のハローワーク所在地

人材紹介会社のウェブサイト

民間の人材会社のウェブサイトにも外国人留学生向けのアルバイト情報が紹介されています。外国語での紹介も記載されています。

レジ・スーパー求人ナビ

indeed

Mpken.jp

TOWN WORK

無料の求人情報誌

 鉄道の駅やコンビニなどに置いてある無料の求人情報誌(「タウンワーク」など)にもアルバイト情報がたくさん載っています。

職場での掲示

 コンビニやスーパーマーケット、ホテルの入口、飲食店など壁などにも「アルバイト募集」の掲示をよく見かけます。そこに記載されている電話番号に電話するか、そこで働いているスタッフに聞いてみるとよいでしょう。

まとめ:仕事を探すときの注意点

仕事を探すときは、時給だけでなく次のようなことを総合的に検討しましょう。

・自宅や学校から職場までの通勤時間、通勤手段、利用駅
・勤務時間帯と勤務時間(体をこわさないか、学業と両立できるかどうか)
・時給
・仕事の内容

 時給だけにこだわって遠い場所で勤務したり、毎日、深夜から朝まで勤務したりすると、アルバイトで力を使い果たし、学業がおろそかになります。すると、せっかく日本に来ても、日本語をほとんど身に付けずに帰国することになります。また、残業代がもらえないような“ブラックバイト”もあります。バイトを探す際は安全性や学業との両立を重視しながら、自分に合った職場を選びましょう。

 訪日して間もないときは、荷物の仕分けや飲食店のキッチンなど、日本語をあまり話せなくてもできるアルバイトしか見つからないかも知れません。しかし、勉強して日本語を話せるようになってきたら、お客さんと接する仕事(コンビニやスーパーのレジ係、飲食店の接客係など)を探しましょう。仕事で日本語を話す機会が多いと、日本語が上達するからです。また、お客さんだけではなく日本人の上司や店員と話す機会が多いかどうかも大事なポイントです。

 この記事では、あなたがバイトを探す際にどのような情報源があるか、どんな点に注意しながら探すのがよいかを解説しました。参考にして、あなたなに合ったよいアルバイトをください。