日本で暮らす

img detail
2020年11月10日 日本で暮らす

日本では公共交通が発達しています。電車・バスのICカードや切符の買い方、乗車賃の支払い方、乗り方などをご紹介します。

ICカード

(1)交通系ICカード

日本の交通系ICカードは、いろいろな会社の電車・バスの運賃の支払いに使うことができます。

・ICカードにお金をチャージすると、券売機で切符を購入する手間が省けます。
・鉄道の駅の券売機や窓口、バスの営業所などで購入できます。
・現金での支払いより運賃が安くなることがあります。

代表的な交通系ICカードには下記のようなものがあります。

北海道「kitaca(キタカ)」
関東 「Suica (スイカ)」「PASMO(パスモ)」
中部 「TOICA (トイカ)」「manaca(マナカ)」
近畿 「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」
九州 「SUGOCA(スゴカ)」
福岡県「はやかけん」「nimoca(ニモカ)」

関東「Suica(スイカ)」

※どれか1枚を持っていれば、他のカードの営業エリアでも利用できます。ただし、東京(Suica)~大阪(ICOCA)など、エリアをまたいでの利用はできません。

(2)記名カード

・使用する人の名前が記載されたカードです。
・名前、電話番号、誕生日、男性・女性の登録が必要です。
・カードを紛失しても、再発行することができます。

(3)無記名カード

・使用する人の名前は書かれていません。
・カードをなくしても、再発行することはできません。

(4)預かり金(デポジット)

・カードを購入するときにデポジットを支払うことが一般的です。
・ICカードを返却するときに戻ってくるお金です。

doc 〈ブログ〉Suica購入体験記

鉄道

日本では鉄道が発達しており、通勤や通学をはじめ、身近な移動手段として利用されています。日本に住んだベトナム人が口をそろえて「とても便利」と絶賛するのが日本の鉄道です。

doc 〈ブログ〉日本の私鉄

doc 〈ブログ〉東京メトロ

img detail

(1)鉄道の利用方法

鉄道を利用する際の基本的な手順は以下のとおりです。

①路線図で行き先を確かめる。
②乗車駅で目的地までの切符を購入し、改札を通る。(交通系 IC カードが使用できる場合は、自動改札機にカードをかざすだけで改札を通ることができます)
③駅構内の案内掲示に従い、目的地に向かう列車が発着するホームの番線に向かう。
④ホームでは、白線又は黄色いブロックの内側で列車を待つ。
⑤目的地では、購入した乗車券を使用して改札を通る。(交通系 IC カ―ドを使用した場合は、自動改札機にカードをかざすだけで、カードのチャージ額から運賃が支払われます)

東京メトロの路線図

(2)切符の種類

① 普通乗車券:列車に乗るときに必要な切符
② 回数券:同一区間の切符の 11 枚つづりを 10 枚分の値段で買えます(有効期間は3カ月)
③ 定期券:通勤・通学で一定区間を月単位で繰り返し乗る場合に使います。普通乗車券で同じ区間を乗車する場合より割安です。1カ月、3カ月、6カ月などの期間設定があります。定期券記載の区間の途中で自由に乗り降りできます。

(3)その他の切符

特急列車に乗る場合や、車両の特別な設備を利用する場合には、乗車券のほかに以下の切符を購入する必要があります。
①特急券:新幹線や特急列車に乗るときに必要な切符
②指定席券:指定席を利用するときに必要な切符。特急券とセットになったものもあります。
③グリーン券:通常の車両よりグレードの高い車両を利用するときに必要な切符

(4)青春18きっぷ

全国のJR普通・快速列車(普通車自由席)やBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに1日乗り放題できる切符です。1日あたりの料金は2,410円。特急や新幹線には乗れませんが、時間をかければ格安でどこへでも行けてしまいます。”青春18”という名前ですが、特に年齢制限はなく、国籍なども問わずだれでも利用できます。

バス

(1)長距離を移動するもの(長距離バス)

基本的には乗車の前に切符を買うなど支払をすませておく必要があります。

doc 〈ブログ〉長距離バスの切符の買い方・乗り方・乗車体験記

(2)住んでいる地域の決まったルートを移動するもの(路線バス)

①どこまで乗っても同じ運賃の場合

・バスに乗るときに運賃箱にお金を入れる。
・交通系 IC カードなどで支払う場合は、運賃箱にカードをかざす。

②距離によって運賃が変わる場合

・バスに乗るときに、番号が書かれた整理券を受け取り、バスを降りるときに、整理券に書かれた番号を運転席の上のボードで確かめ、番号の下に表示されている運賃を支払う。
・交通系 IC カードなどで支払う場合は、バスに乗るときと降りるときの2回、カードをかざす。