日本で働く

img detail
2019年06月30日 日本で働く

 日本の外国人労働者数は1,460,463人(2018年10月時点)で、前年より181,793人(14.2%)増えています。

bulb 増加の要因
・日本政府が高学歴の外国人材や留学生の受け入れを推進
・外国人雇用が日本で急速に広がってきた
・技能実習生の受け入れが特に進んでいる

日本の少子高齢化、深刻な労働力不足にとってベトナムは重要な国

日本に在留するベトナム人は約33万人で、中国・韓国に次ぎ3位です。このうち技能実習生は14万人(=6年間で9倍)で国別1位、留学生は7万人(=6年間で10倍)で国別2位です。

在日ベトナム人の刑法犯検挙数・不法滞在・失踪者数

一方で在留ベトナム人の刑法犯や不法滞在も増えています。

・刑法犯検挙数=1,197件(2013年)→3,591件(2017年)→2,993人(2018年)
・不法滞在者=1,110人(2013年1月)→11,131人(2019年1月)
 ※韓国に次ぎワースト2位
・失踪者(技能実習生)=496人(2012年)→3,751人(2017年)

doc 背景

・誤った認識に基づいて十分な準備をせずに訪日し、よいアルバイトにつけない(留学生)、聞いていたほどの手取り給料がもらえない(技能実習生)などの事態に直面する。その後、ベトナム人の犯罪組織(主に窃盗集団)に引き込まれたり、本当は転職できないのに誘われて転職し「失踪」や「不法滞在」になったりする。
※ブローカーや悪質な送出機関が「日本に行けば簡単にお金を稼げる」とそそのかすが、事実ではない。

・留学や就労を仲介する業者(ブローカー)や悪質な送出機関などに巨額の手数料を支払うためにつくった大きな借金(=親の借金)があり、返済のために法律に違反してでもお金を稼ごうとするケースもある。

数字で見る日本の在留外国人

日本の在留外国人数 上位3カ国(2018年12月)

人数 全体の中の割合 前年比
中国 764,720 28.0% 4.6%増 arrow up thick
韓国 449,634 16.5% 0.2%減 arrow down thick
ベトナム 330,835 12.1% 26.1%増 arrow up thick

日本の外国人労働者数 上位3カ国(2018年10月時点)

人数 全体の中の割合 前年同期比
中国 389,117 26.6% 4.5%増 arrow up thick
ベトナム 316,840 21.7% 31.9%増 arrow up thick
フィリピン 164,006 11.2% 11.7%増 arrow up thick

※技能実習生に限るとベトナムが1位

労働者数が多い在留資格(2018年10月時点)

人数 全体の中の割合
身分に基づく 在留資格 495,668人 33.9%
技能実習 308,489人 21.1%
資格外活動(留学) 298,461人 20.4%

外国人労働者が多い都道府県(2018年10月時点)

都道府県 外国人労働者数 割合
1 東京 438,775 30.0%
2 愛知 151,669 10.4%
3 大阪 90,072 6.2%
4 神奈川 79,223 5.4%
5 埼玉 65,290 4.5%
6 静岡 57,353 3.9%
7 千葉 54,492 3.7%
8 福岡 46,273 3.2%
9 茨城 35,062 2.4%
10 群馬 34,526 2.4%
11 兵庫 34,516 2.4%
12 広島 31,851 2.2%
13 岐阜 31,279 2.1%
14 三重 27,464 1.9%
15 栃木 24,016 1.6%
16 北海道 21,026 1.4%

※外国人労働者を雇用する事業所は全国で216,348カ所あります。

ベトナム人が多い都道府県(2018年12月時点)

都道府県 ベトナム人数
1 東京 36,914
2 愛知 31,614
3 大阪 25,641
4 埼玉 22,912
5 神奈川 20,225
6 兵庫 18,314
7 千葉 18,267
8 福岡 14,712
9 広島 11,127
10 静岡 9,305
11 群馬 8,269
12 茨城 7,667
13 岡山 7,434
14 岐阜 7,380
15 北海道 7,266