ブログ

特定技能の申請に使える日本語新テスト

blog_0902_img1
2021年02月09日

*By KOKORO(毎日新聞社+VAIJ主催、在ベトナム日本国大使館後援)

特定技能の申請に使える日本語試験 “JFT-Basic”を3月から日本でも受験できます。試験結果は受験終了後すぐにわかります。年に6回あり、年2回のJLPTより便利です。

JFT-Basicが日本でも受験可能に

JFT-Basic(国際交流基金日本語基礎テスト/Japan Foundation Test for Basic Japanese)が3月から日本国内でも実施されることになりました。このテストは「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の日本語能力」があるかどうかを判定します。テスト結果は「特定技能」の在留資格を申請する際にも使えます。初回は2021年3月1日(月)~19日(金)です。

JFT-Basic は2019年4月~2020年12月に海外(モンゴル、インドネシア、カンボジア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ネパール)で14,900名が受験、5,543名が基準点に到達しました。

https://www.jpf.go.jp/jft-basic/index.html

JFTのホームページ

特定技能の申請に使える

在留資格「特定技能1号」を取得するには、各職種(14分野)の技能試験と日本語試験に合格することが必要です。技能実習を3年間、良好に続けた人は日本語試験を免除されます。そうでない場合は、JLPT(日本語能力試験)でN4を取得する以外にJFT-Basicで200点を取る(250点満点)という選択肢も加わりました。

留学生から特定技能外国人になりたい人や、新型コロナの影響などで技能実習を3年間続けられなかった人などが、特定技能の在留資格を申請する際に利用できます。しかも、1年に6回あり、年2回のJLPTより便利です。

JFT-Basicの特徴と実施要領

⚫ JFT-Basicの特徴

・テスト会場でコンピュータ画面で問題を読み、画面上で解答します。

・テスト結果は受験後すぐにわかります。

・テストは年6回

・全国約120会場で実施

⚫ 実施要領

・受験料:7,000円(税込み)

・受験資格:日本在留資格を持つ外国人

・申込:テスト実施業者のウェブサイトから

http://ac.prometric-jp.com/testlist/jfe/index.html

テストの形式・構成

・コンピュータ画面で問題を見て、画面の上で解答(CBT方式)

・受験者は各ブースでコンピュータ画面に表示される問題やヘッドフォンに流れる音声をもとに、画面上で解答します。「文字と語彙」「会話と表現」「聴解」「読解」の4セクションに分かれ、全部で約60問あります。

・受験時間は60分間

試験問題のサンプル。設問の言語は画面上で選択でき、ベトナム語も選べます。

その他のサンプル問題

テスト結果

・テストが終わると、画面に総合得点と判定結果が表示されます。その後5営業日以内に予約ウェブサイトにログインすると、正式な判定結果通知書が表示され、印刷できます。

・このテストは「日本語で何がどれだけできるか」を測定します。総合得点は250点満点で、200点以上を取れば、「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の日本語能力水準に達している」と判定され、特定技能の申請などに利用できます。

人気記事ランキング

Platinum Sponsor

Bronze Sponsors

  • 弁護士法人Global HR Strategy
  • シューワ
  • エール学園

後援

  • 在ベトナム日本国大使館
  • 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
  • JNTOハノイ事務所
  • 関西経済連合会
  • 公益社団法人 ベトナム協会
  • NPO法人 日越ともいき支援会
  • 一般社団法人 国際人流振興協会

協力

JASSO(日本学生支援機構)

外国人労働者弁護団

新着記事