ブログ

img detail
2020年03月29日 ブログ

 初めて訪日する際、どんなものを持って行き、準備すれば良いかわかりますか?今回KOKORO編集部は、経験豊富な先輩たちからのアドバイスをまとめました!

1、持っていける荷物の重さ

 飛行機で持っていける荷物には「預ける荷物」と「機内持ち込み荷物」の2種類があり、それぞれ荷物の重さの上限が決まっています:

 預ける荷物:約20kg以内(航空会社によって異なる)

 機内持ち込み荷物:7kgを超過しない程度の手荷物で、大きさにも制限があります。

 チケットを購入する際に、持っていける荷物の重さをチェックしておいてください。液体や刃物を持っていくのであれば、セキュリティー上の理由で、「預ける荷物」の方に入れなければなりません。

2、必要書類

 次の必要書類は絶対に忘れてはいけません!

・パスポート

・航空券

 小さなバックなどにしまって、肌身離さず持っていてください。紛失はもちろんですが、「預ける荷物」の中に入れないように!

3、(証明)写真

 日本で証明写真を撮るのは1回約700円かかります。決して安くないので、数年分の写真をベトナムから持ってくるのをオススメします。もしくは必要な時にインターネット上で写真のデータをダウンロードできるようにしておくか、USBにデータを保存して持ってくるのもよいですね。

4、服

 みなさんが訪日するのは通常4月(春)か10月(秋)。日本の気候でいうと比較的涼しい時期にあたります。ですから一つ暖かいコートを用意するといいでしょう。ただ必要以上に持っていく必要はありませんよ!日本では、ベトナムのものと比べてとても安くて暖かく、しかも軽い防寒着が買えます(1000円~2000円程度)。日本の気候に合わせて作られている服なので、防寒性能がより優れているんです!

5、お金

 可能であれば10万~20万円くらい用意すると良いでしょう。日本では「円」しか使用できず、アメリカドルからの両替が非常に難しいので、ベトナムドンやアメリカドルを事前に「円」に両替することを忘れないでくださいね。

6、薬など

 風邪薬や咳止め、解熱剤、整腸薬、その他アレルギーの薬など…いつも自分が服用している薬類を適量もってきてください(2~3か月服用する量で十分です)。

7、飲み物・食べ物

 飲み物:日本の飲み物は品質も良く安く手に入るので、持ち込まなくても大丈夫ですよ!例えばオレンジジュースやリンゴジュースは1ℓ100円、牛乳も1ℓ100円なので、ベトナムで買うより2~3倍安い!また飛行機内への飲み物の持ち込みはセキュリティー上禁止されています(機内で飲み物のサービスがあります)。

 食べ物:節約したければ、持ってくることをオススメします。

8、ノートパソコンや携帯電話

 ノートパソコン:一般的なパソコンの電圧は100~240ボルト。日本の電圧は100ボルトなので、今使っているパソコンの状態が良好であれば持ち込んでも使えます。

 携帯電話:日本とベトナムでは電話会社・キャリアが異なるため、使用できないので注意してください。

9、辞書、電子辞書

 日本で売られている電子辞書は日‐英、もしくは日‐日のタイプのものが多いので、留学したての方はベトナムから持って行くのが良いでしょう。

 (紙の)辞書は越‐英、英‐越の両方があるといいですね。用例が載っている辞書がオススメですよ!

10、印鑑

 日本では、銀行口座を開設するときなどに必ず印鑑が必要です。日本語学校では2000円程度で(代わりに)印鑑を作ってくれます。もし節約したければ、訪日する前にベトナムで作っておくのものいいですね!