生活・ビザ

日本に持って行くもの

220214-mang-gi-di-nhat-3
2022年02月15日

初めて日本に行くときに、どんなものを持って行けばよいでしょうか?KOKORO編集部が、経験豊富な先輩たちからのアドバイスをまとめました!

持っていける荷物の重さ

飛行機で持っていける荷物には「預ける荷物」と「機内持ち込み荷物」の2種類があり、それぞれ重さの上限が決まっています。航空会社によって異なりますが、多くは次の通りです。

  • 預ける荷物:20kg以内
  • 機内持ち込み荷物:7kg以下(大きさの制限もあり)

チケットを購入する際に、持っていける荷物の重さをチェックしてください。液体や刃物などはセキュリティ上の理由で機内に持ち込めないので、「預ける荷物」に入れなければなりません。間違って手荷物検査場に持って行くと、廃棄させられることもありますので、注意してください。

持って行くもの(KOKOROのおすすめ)

携帯電話

日本で携帯電話で通話したりインターネットに接続(データ通信)したりするには、通信会社(=キャリア)と契約し、毎月、プランに応じた費用を払わなければなりません。

external link 日本で携帯電話やWi-Fiを使うには?

ただし、携帯電話機(端末)については、ベトナムの端末も使えます。端末を新たに買いたい場合でも、最初はベトナムから持って行ったものを使い、日本に慣れてから店や機種を選んで買ってはいかがでしょうか?

現金

外国で仕事や留学、新生活を始めるときには何かとお金がかかるので、できれば¥100,000~¥200,000ぐらい用意しておくとよいでしょう。日本では「円」しか使えず、両替できる店も限られていますので、一部はベトナムで「円」に両替してから持っていきましょう。

クレジットカード

外国人が日本に来てすぐに日本のクレジットカードを作るのは難しい場合が多いです。ベトナムでクレジットカードを作れる人は訪日前に作り、日本に持って行くことをお勧めします。緊急の支出の際に役立ちます。

日本でのクレジットカードの作り方についてはこの記事を参考にしてください。

external link 外国人のクレジットカードの作り方

レインコート

技能実習やアルバイトで職場に通うときに、レインコートを着て自転車に乗る場合があります。レインコートは日本で買うとベトナムで買うよりかなり高いので、ベトナムから持って行きましょう。

証明写真

日本で証明写真を撮るのは1回700円以上かかります。決して安くないので、まとまった枚数の写真をベトナムから持って行くことをお勧めします。PCやUSBメモリースティックなどに写真データを保存して持って行くのもいいですね。

辞書

最近は、辞書アプリを使う人が多いです。次の記事を参考にしてください。Wi-Fiのない場所で(緊急時などに)使うために、書籍の辞書や電子辞書を持って行くのもお勧めです。

external link 日本語の辞書アプリはどれがいい?

冬服

日本には春夏秋冬の季節があります。ベトナム人には、日本の冬はかなり寒く感じることでしょう。機能の高い冬服が日本で安く売られているので、たくさん持って行く必要はありませんが、コートやダウンジャケットは比較的高いので、ベトナムのネット通販などで購入していくと良いかも知れません。

食品

日本にはアジア各国の食材を売っている店がたくさんあります。ただし、ベトナムで買うのと比べて価格は2、3倍することが多いので、よく使う調味料などは多めに持って行きましょう。

薬など

かぜ薬や胃腸薬など自分が服用している薬の適量を持って行ってください。

まとめ

日本でもベトナムの食材やベトナム語の学習教材などを買えますが、ベトナムで買うのと比べると価格が高くなります。あなたに必要なものやよく使うものを選んで持って行ってください。最近は、日本の地方都市にもベトナム料理店やベトナム食材店が増えており、ベトナム人が便利に暮らせるようになっています。

 

人気記事ランキング

Platinum Sponsor

Bronze Sponsors

  • 弁護士法人Global HR Strategy
  • エール学園

後援

  • 在ベトナム日本国大使館
  • 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
  • JNTOハノイ事務所
  • 関西経済連合会
  • 公益社団法人 ベトナム協会
  • NPO法人 日越ともいき支援会
  • 一般社団法人 国際人流振興協会

協力

JASSO(日本学生支援機構)

外国人労働者弁護団

WA.SA.Bi.

新着記事