日本に行こう

img detail
2020年04月29日 日本に行こう

日本で留学や技能実習などをしたベトナム人の若者たちに日本の感想をお聞きすると、「人が親切」「食べ物がおいしい」「町が清潔」「景色が美しい」「電車が便利」という答えがよく返ってきます。これから日本に行くベトナムの皆さまに、日本はどんな国なのか、アウトラインをご紹介します。

位置

日本には、北海道、本州、四国、九州の四つの大きな島と周辺の6,800あまりの島々があり、南北の長さは約3000 ㎞。面積は約37 万7900k㎡で、ベトナム(約33万1200k㎡)の約1.14倍です。全体から九州と沖縄の面積を除くとベトナムとほぼ同じくらいの大きさです。

日本には山地が多く、丘陵と合わせた面積が約75%を占めます。火山が多いので、日本全国に温泉があります。有名な富士山も火山で、日本最高峰(標高3,776㍍)です。

富士山

 

温泉

 

人口

日本の人口は2019年1月1日現在で1億2477万6364人です。前年より43万3239人減りました。2005年に初めて人口減少が起こり、2000年代の後半から減り続け、少子高齢化が進んでいます。2060年までには1億人を割る見通しです。ベトナムの人口は現在約9270万人ですが、年々増加していますので、2040年ごろには、日本とベトナムの人口は逆転すると言われています。

 

気候と季節

日本は温帯で、1年を通して温和です。春夏秋冬の四つの季節があり、夏と冬の気温差が大きい国です。夏は太平洋側に雨が多く、冬は日本海沿岸によく雪が降ります。ベトナムと同じで南北に長い国なので、最北の北海道では夏は涼しく冬は寒く、一番南の沖縄では冬もそんなに寒くありません。夏から秋にかけてしばしば台風が発生し、災害を引き起こします。北海道以外では、6月を中心に梅雨があり、雨が多いです。また、日本は地震が多い国です。地震については、vol.3で説明します。

春(福岡)
夏(福岡)
秋(山形)
冬(山形)
冬(岐阜)
冬:スキー

都市

 首都は東京都で、主要都市は北海道の札幌市、東北地区の仙台市、中部地区の名古屋市、関西地区の大阪市、京都市、九州地区の福岡市などです。ベトナムにはハノイ市やホーチミン市のような中央政府直轄市5市と58省がありますが、日本には全国を47の地域に分けた都道府県があり、都道府県の中に市町村があります。

東京

人口100万人以上の都市は、多い順に東京都、横浜市、大阪市、名古屋市、札幌市、神戸市、京都市、福岡市、川崎市、さいたま市、広島市、仙台市の12都市です。

横浜
大阪
神戸
京都
福岡

 

交通

日本は公共交通が発達しており、車やバイクがなくても移動は大変便利です。ただ、外国人からは「電車代が高い」と指摘されています。

飛行機

空港がたくさんあり、PeachやJetstarなどの格安航空(LCC)もたくさん飛んでいます。

external link Peach Aviation

external link Jetstar

 

 

鉄道

鉄道が全国に網の目のように走っており、時間が正確なことで世界的に有名です。高速鉄道(新幹線)も北海道から九州までつながっています。東京や大阪、名古屋、京都、福岡、札幌など大都市には地下鉄が走っており、交通渋滞の緩和に貢献しています。大都市での通勤は電車利用がメインです。

東京の電車通勤風景

道路

自動車やオートバイ(バイク)はベトナムとは反対の左側通行です。高速道路もたくさんあり、その多くは有料です。交通ルールが徹底されており、違反者には罰則(罰金など)があります。信号を守ることはもちろん、速度違反や飲酒運転、シートベルトやヘルメットなしでの走行に対しては、警察の厳しい取り締まりがあります。

高速道路

多くのベトナム人はバイクを運転しますが、日本ではベトナムの運転免許証は使えません。運転するには免許証の切り替えが必要で、書類申請や簡易試験での合格が必要です。また、50CC以下のバイクは2人乗り禁止です。

 

生活(衣・食・住)

衣類

ベトナム人と同じで、洋服が基本です。ビジネスシーンでは男性はスーツにネクタイを締めるのが一般的ですが、多くの企業や役所で5月~9月はノーネクタイ、ノージャケットスタイルで仕事をする「クールビズ」が導入されています。季節によって寒暖差が大きいので、夏と冬では着る服が大きく異なります。

庶民的な衣類を購入できるお店もたくさんあります。例えば、ベトナムでも有名な「ユニクロ」は日本では全国各地に店があり、ベトナム人の留学生や技能実習生にも人気があります。

ユニクロ

ベトナムのアオザイにあたる日本の伝統的な服は「着物」です。多くの場合、特別な行事や催しがあるときなどに外出着として着ます。着物は絹織物でできています。夏は、着物より簡単なつくりの木綿製の「浴衣(ゆかた)」も着ます。京都で着物をレンタルして観光したり、日本各地で浴衣をレンタルして花火大会に出かけるなど、留学生や技能実習生の先輩たちも和服を楽しんでいます。

技能実習生仲間で浴衣をレンタル

食べ物

日本料理は世界中で親しまれています。魚を使った料理も多いですが、肉料理も多く、食べ物のバリエーションが豊かな国です。代表的な和食である寿司や刺身、天ぷら、すき焼き、しゃぶしゃぶなどはベトナム人にも人気です。

日本の新年の伝統料理「おせち料理」
刺身
日本ではラーメン店の人気がとても高いです

 

家庭用食材の購入先は、小売店が減ってスーパーマーケットが中心です。スーパーの数はベトナム以上に多いです。

スーパーマーケット

日本人はベトナム料理も大好きで、ベトナム料理店も年々増えています。また、東京で毎年春に行われる「ベトナムフェスティバル」などベトナム関連イベントも全国に増えており、ベトナム料理の屋台がたくさん出ます。

住居

歴史的には木造一戸建てが主流でしたが、今では集合住宅のマンションも多く立ち並んでいます。大都市にはハノイやホーチミンと同様、超高層マンション(タワーマンション)も多く、高い価格で販売されています。留学生や技能実習生の住む家や寮はアパートメントが多いですが、マンションの一室を会社が借りて寮として提供している事例もあります。実習先を選ぶときは、寮の内容や寮費もチェックしてください。一方、留学生の7割以上は自分で家を借りて住んでおり、友人とシェアするケースもたくさんあります。家賃については、「日本で暮らすvol.4 物価と暮らしの知恵」で説明しています。

東京のタワーマンション

 

文化・スポーツ

スポーツ

国技は「相撲」ですが、ファンが最も多いのはプロ野球です。サッカーも盛んで、日本代表は1998年以来6大会連続でワールドカップに出場しています。最近はサッカーのベトナム代表チームも強くなり、ワールドカップ出場も夢ではありませんね。また、2019年には日本でラグビーのワールドカップが開かれ、日本代表はベスト8に残って注目されました。

2019年ラグビーワールドカップ

芸能・音楽

日本の伝統芸能には、舞台で演じる「能」や「歌舞伎」があります。能は1300年代にスタイルが確立され、歌舞伎は1600年代に生まれました。笛や和太鼓などの伝統楽器もあります。また、クラシック音楽も盛んで、国内各地にオーケストラがあり、欧米のコンクールで入賞する演奏家もたくさんいます。

ベトナムにはカラオケが好きな人が多くいますが、カラオケは日本発祥の文化です。当初はカセットテープでした。音楽を演奏する楽団などがいなくても歌手だけで演奏会やテレビ番組が成り立つ便利なものとして普及し、飲食店に広がり、やがてカラオケボックスができた、という歴史があります。

アニメ

1930年代に子供向け漫画が日本で誕生し、漫画の週刊雑誌が次々に発刊された1960年代に急成長しました。週刊雑誌に連載された漫画が単行本に収録され、その後、テレビアニメとして放送されてきました。ベトナムでも、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」「名探偵コナン」「ワンピース」「ポケットモンスター」など、たくさんの日本アニメが人気ですね。