日本で留学

img detail
2020年04月29日 日本で留学


あなたはどちらを選びますか?

・日本で働きたい=就業ビザが必要

・日本で勉強したい=留学ビザが必要

◎日本で働きたい人や技能を身につけたい人は、就業ビザと呼ばれる在留資格「技術・人文知識・国際業務」「技能実習」「介護」などが必要です。「留学」ビザは働くためのビザではありません。

ここでは、「留学」ビザを取得して日本で勉強する人たちに向けて日本留学について説明します。

日本の大学や専門学校を卒業後に日本で就職する際、学校で学んだ専門・専攻と就職先での業務内容が合致しないために就業ビザ(就職ビザ)を取得できないケースが非常に多いので、その点についても説明します。

留学先となる教育機関

留学先の学校の種類には下記のようなものがあります。あなたはどの学校を目指すのか、卒業後、どうしたいのか、明確な将来像を描いてから選びましょう。

KOKOROサイトの「Kinh nghiệm của tôi(わたしの体験)」では、さまざまな先輩留学生の留学体験やその後の進路を紹介しています。自分の将来像を描くための参考にしてください。

留学先となる主な学校

日本語学校

日本で働いたり、専門学校や大学などで勉強したり、生活したりするために必要な日本語を勉強します。

【入学の条件】

・高校卒業
・N5程度の日本語能力
・経費支払い能力

【入学後】

・1~2年間、日本語を勉強
・1年間の学費:平均80,000,000~170,000,000 VND
※アルバイト収入だけで生活費と学費は支払えません

【卒業後】

・日本で専門学校や大学に進学するにはN2~N3レベルの日本語力が必要
・「技能・人文知識・国際」のビザ(在留資格)を取得して日本で働くには、ベトナムで短大(=職業訓練校は含まない)以上を卒業するか、日本で専門学校以上を卒業することが必要。また、実際に仕事をこなすにはN2レベルの日本語力が必要。

【ベトナムにいる間にできること】

・日本語の勉強をがんばりましょう。N3~N4レベルを目指しましょう。
・自分が留学する日本語学校のことを自分で調べましょう。
・留学後に何をするかを考えて計画を立てましょう。(どの学校に留学するか、費用はどうするか)

【自分でリサーチ】

あなたが留学する日本語学校のことは自分自身で調べましょう。

external link 日本政府の定める「日本語教育機関」としての基準を満たす学校かどうか(日本語・英語)

external link 「日本語教育振興協会」の加盟校を検索できます(日本語・英語)

external link あなたが留学する日本語学校の在籍者数やJLPT受験実績、進学先(日本語)

専門学校

職業に必要な知識・技能を習得するための学校です。例えば、経営、医療、ファッション、IT、通訳などがあります。

【入学の条件】

・高校卒業
・N2~N3程度の日本語能力
・経費支払い能力

【入学後】

・2年間、専門科目を勉強
・1年間の学費:平均256,000,000 VND
※アルバイト収入だけで生活費と学費は支払えません

【卒業後】

日本で就職できます(ただし、専攻と仕事の内容が合致する必要があります。詳細は下欄)

【自分でリサーチ】

あなたが留学する専門語学校のことは自分自身で調べましょう。

external link 留学生受入専門学校名簿検索(日本語・英語)

external link 専門学校検索(ベトナム語もOK)

高等専門学校(KOSEN)

実践的な技術者になるための勉強をする学校です。

【入学の条件】

・高校卒業
・N2程度の日本語能力
・経費支払い能力

【入学後】

・3年間、工学系の専門科目を勉強します
・1年間の学費:平均80,000,000 VND程度

【自分でリサーチ】

あなたが留学する高等専門学校のことは自分自身で調べましょう。

external link 国立高専一覧 (日本語・英語)

大学

【入学の条件】

・高校卒業
・N2程度の日本語能力(英語のみの場合もあり)
・経費支払い能力

【入学後】

・4年間、専門分野を研究します
・1年間の学費:年間平均163,560,000 VND
(私立:224,439,800~ 1,019,261,000VND)

【自分でリサーチ】

あなたが留学する大学のことは自分自身で調べましょう。

external link 大学検索 (ベトナム語もOK)

C:\Users\mb190154.MINERVA\Documents\160401 経営企画室\171227 ベトナム関連新規\180710 留学・就労正常化事業\190423 ウェブ・コンテンツ\190617 「体験談」\190818 体験談㉖学【ダナン・Hoai】済\200413 ホアイさん写真\予備\daigaku_toudai.png

就業ビザに切り替える際の注意点【重要】

日本で専門学校や大学を卒業して「技術・人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)を取得して就職するには、学校での専門・専攻と仕事内容との関連性が厳しく審査されます。この要件をクリアできず、在留資格を得られない例が非常に多いので、留学前に将来やりたい仕事をよく考えたうえで、大学や専門学校の学部・専攻・学課などを選びましょう。

【技術】

・大学や専門学校の学部・専攻などと仕事内容との強い関連性が必要

・仕事の例…IT技術者(プログラマー、システムエンジニア)、WEBデザイナー、設計・研究開発部門、工事現場のスーパーバイザー、工場の生産管理者(自ら作業はしない)

【人文知識】

・大学や専門学校の学部・専攻などと仕事内容との強い関連性が必要

・仕事の例…経理、法務、営業、財務、人事、総務、企画、貿易業務

【国際業務】

・日本の大学や大学院を卒業していれば、学部・専攻と仕事内容との関連性は問われない
・外国の大学または大学院卒の場合も、日本語能力の証明か日本の日本語学校卒業などの条件を満たせば、学部・専攻と仕事内容との関連性は問われない
・日本の専門学校が最終学歴の場合は、学部・専攻と仕事内容との強い関連性が求められる

・仕事の例…貿易業務、企業の海外拠点・取引先との連絡業務、外国人客の多い免税店・ドラッグストア等の小売店(飲食店・コンビニは除く)、現場で働く技能実習生や外国人留学生の管理・通訳業務、ホテル(フロントか外国旅行会社との連絡業務に限る)、旅行会社、外国人向け不動産会社、通訳・翻訳会社

【相談窓口】

どんな学校に行けばよいかなど気軽に相談できる窓口をご紹介します。

external link 留学生支援サイト“WA.SA.Bi.”