留学・就活

★基本情報=留学前にする5つのこと〈2022年版〉

留学前にする5つのこと〈2022年版〉2
2020年04月29日

先輩留学生と編集部が、留学プランの立て方や留学前の日本語学習など、留学に必要な知識と“留学前にやる5つのこと”を紹介します。日本への留学を成功させたい人はぜひ目を通してください。

私は日本で5年間留学後、ホーチミンの日系企業3社で約8年間働きました。その後はフリーランスで通訳・翻訳・司会をし、今はまた日本で生活しています。これから留学する皆さんも、せっかく留学するなら、語学力や知識をしっかり身に付けて、将来の仕事に大いに生かしましょう。そんな留学を実現するための心構えや計画作りのポイントをお伝えします。〈Mỹ Ngọc〉

1. 留学後の夢を描く

夢や目的を描くことで、皆さんの進むべき方向が定まり、困難に出会っても、あきらめずに前に進むことができます。落ち込んだときでも、はっきりとした“夢”や“目標”があれば、また前向きになれます。

夢を定めるには、次のようなことを自分に問いかけてみてください。

・ 日本に行くのは夢を実現するための一つの手段。留学後、自分はどんな仕事や生活をしたいのか?
・ 「社会の役に立つ」「視野を拡げる」「高収入」「バイリンガル」「立派な家や車」など、自分は何に価値を感じるのか?

このようなことを考えながら夢や目標を定めてください。そして、それらを紙に書いてリストアップしましょう。同時に、夢がかなったときの光景をリアルに想像してみてください。日本で何か困難にぶつかったとき、そのリストを見ながら自分の将来像を思い浮かべると、気持ちをリセットできます。

私は5年間、留学しましたが、その間「ベトナムに帰りたい」と思ったことが何度もありました。しかし、「ホーチミンのオフィスビルに自分の事務所を持ち、そこに座っている自分の姿を想像する」ことでモチベーションを維持することができました。

2-1. 留学プラン:高卒の場合

目標が定まったら、それを実現するための留学プランを立てましょう。

ベトナムで高校を卒業している場合、日本の専門学校や大学を目指してはどうでしょうか。

◎多いのは次のようなパターンです。

・ 日本語学校(1.5~2年)→専門学校(2年)→大学(4年)→日本で就職
・ 日本語学校(1.5~2年)→専門学校(2年)→日本で就職

◎次のようなパターンも増えています。

・ 日本語学校(1.5~2年)→大学(4年)→日本で就職

日本語学校で日本語能力試験(JLPT)N2以上の力を付ければ、専門学校に行かずに大学に進める可能性が高まります。大学受験には日本語以外の勉強も必要なので、日本語については留学前からできるだけ努力しておきましょう。

◎KOKORO体験談に留学のさまざまなパターンが紹介されています。

external link パターン①

大学中退
日本語教室 4カ月
訪  日
日本語学校 1年半
専門学校 2年
日本で就職

external link パターン②

高校卒業
日本語学校 2年
訪  日
私立大学

external link パターン③

高校卒業
訪  日
私立大学 4年
日本で就職

私は5年間の留学で日本語学校、専門学校、大学に行きましたが、家庭の事情で途中で帰国し、大学を中退しました。今思えば、日本語学校から直接、大学に進めばよかったと思います。

2-2. 留学プラン:大卒の場合

大卒の場合、日本語学校だけに行くか、日本語学校を経て大学院に行ってはいかがでしょうか。私の考えでは、大卒の人が日本語学校を出た後に専門学校に進むことは無駄です。大学院に行く方が、学歴が高くなりますし、日本語学校を出て就職するのも手です。

external link パターン①

大学卒業・就職(日本語は自習)
訪  日
日本語学校 2年
専門学校 半年で中退
日本で就職

external link パターン②

大学卒業・就職
日本語教室 4カ月
訪  日
日本語学校 15カ月
専門学校 2年
日本で就職

3. 留学前の日本語学習

ベトナムでN3レベルになってから留学すると、留学の効果が格段に上がり、留学期間も短くできる場合があります。また、N4レベルで日本に行っても、それなりに高い成果が得られます。

KOKOROチャンネル(YouTube)で、高い日本語力を付けてから留学し、日本語がペラペラになった先輩たちの留学前の学習法を紹介しています。

留学前の日本語学習part_1

留学前の日本語学習part_2

日本語力を付けて訪日すると、よいアルバイトを見つけやすいという利点もあります。私は留学前に「みんなの日本語」を50課すべて学習し、漢字も約500字覚えました。その結果、来日して約半年でアルバイト先の日本人と普通に話せるようになりました。

4. 知識を得る

◆留学費用

留学紹介業者(日本語センター)の中には「日本ではアルバイトで学費も生活費もまかなえる」と説明する人がいるかも知れません。しかし、それは事実ではありません。

私の留学仲間は留学のために大きな借金をしたため、留学中、借金返済のために工場で一晩中働いていました。そのため学力が付かず、進学の夢をあきらめ、日本語学校を出ると帰国してしまいました。

留学の費用については下記ページにくわしい情報が載っています。

external link 留学生活の費用と収入

external link 留学目的と学校の種類・学費

日本で留学生のアルバイトは週28時間以内と決まっています。最近はアルバイト時間の超過(オーバーワーク)に対する入管の対応が厳しくなっています。

external link オーバーワークはなぜばれるのか?

◆生活ルールや習慣

日本の生活ルールや習慣について知っておくと、日本社会に早く溶け込めます。

external link 生活ルール・習慣

5. 健康管理

健康でなければ、勉強もアルバイトもできません。生活費を節約するために毎日インスタント食品ばかり食べ、大きな病気になった人も少なくありません。健康にはくれぐれも注意しましょう。

以上が“留学前に準備する5つのこと”です。留学であなたの夢をかなえるため、しっかりと準備してから日本に行ってください。

 

人気記事ランキング

Platinum Sponsor

Bronze Sponsors

  • 弁護士法人Global HR Strategy
  • エール学園

後援

  • 在ベトナム日本国大使館
  • 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
  • JNTOハノイ事務所
  • 関西経済連合会
  • 公益社団法人 ベトナム協会
  • NPO法人 日越ともいき支援会
  • 一般社団法人 国際人流振興協会

協力

JASSO(日本学生支援機構)

外国人労働者弁護団

WA.SA.Bi.

新着記事