日本語を学ぶ

img detail
2020年04月29日 日本語を学ぶ

単に日本に行って日本語学校に通うだけでは日本語力が十分に上がりません。多くの留学経験者や教育関係者への取材をもとに、日本留学で日本語力をしっかり身に付けるためのこつをまとめました。

Vol.2 技能実習で日本語を身に付ける7つのこつ
Vol.3 日本語学習のノウハウ (coming soon)

 

留学で日本語を身に付ける7つのこつ

①訪日前にできるだけ勉強
②なるべく少ない借金で訪日
③ベトナムでよい日本語学校を選ぶ
④先輩やネットから情報収集
⑤アルバイトを選ぶ
⑥留学中は勉強中心、稼ぐのは就職後
⑦なるべく日本人と交流

 

①訪日前にできるだけ勉強

日本に行けば自動的に日本語力が上がるわけではありません。日ごろの学習の積み重ねが土台となり、それを生かして日本で日本人による授業や日本人との会話を重ねる中で日本語力が向上します。訪日前にどれだけ土台を築くかで、留学後の実力の伸び方が大きく変わります。

②なるべく少ない借金で訪日

訪日前にベトナムの日本語学校などで勉強しますが、その授業料や訪日のための手数料、日本での日本語学校の授業料などは、ベトナムでどの学校や留学あっせん業者を選ぶかで大きく異なります。また、学校を紹介してくれた人(ブローカー)に多額の手数料を支払うケースもあります。多額の借金をして訪日すると、借金返済のためにアルバイトに明け暮れ、十分に勉強する時間や体力がなくなります。留学経験者やインターネットなどから情報を集め、自分で学校や留学あっせん業者を選びましょう。そして、借金ゼロかなるべく少ない借金で訪日しましょう。

※日本では、留学生のアルバイトは週28時間以内(長期休暇時は40時間以内)と決められています。借金返済のためにアルバイト時間が超過すると在留期間を更新できません。この運用は年々厳しくなっています。

doc アルバイト時間超過で在留期間を更新できなかった先輩の体験談

③ベトナムでよい日本語学校を選ぶ

ベトナムのある有名日本語学校では、生徒は寮生活で1年間みっちり勉強し、日本に行ってから多くが国公立大学に進学しています。このような学校は、訪日直後に卒業生を受け入れてもらう日本語学校もよい学校を選んでいます。多くの留学体験が掲載されている当サイトの「わたしの体験」などインターネット上の情報や先輩留学生から情報を集め、ベトナムで自分に合ったよい日本語学校(=教育内容がよく費用も適正)を選びましょう。なりゆきに任せず、「自分で調べて自分で選ぶ」という姿勢が留学のあらゆる場面で大事です。

※当サイトで紹介している先輩には体験談の中でメールアドレスを公開している人もいます。
※先輩たちのレビューから自分の行きたい日本の日本語学校を選び、その学校に問い合わせてベトナムの日本語学校を紹介してもらう方法もあります。

doc 訪日後に日本で評判のよい日本語学校に転校した先輩の体験談

④先輩やネットから情報収集

先輩留学生やインターネットから、日本語学校だけでなく、自習のための教材やFacebookの学習ページ、日本語学習会、生活などの情報も入手しましょう。

⑤アルバイトを選ぶ

成功している先輩留学生の多くは、日本語を話す機会の多いアルバイトをしています。例えば、居酒屋の接客係(ホール)や、スーパーやコンビニのレジ係などです。こういうアルバイトでは、仕事自体が日本語の練習になります。少し日本語力の低い生徒は居酒屋でも調理や皿洗いを担当し、ホールやレジの係に比べると日本語を話す機会がぐっと減ります。スーパーやコンビニの品出しも同じです。

そして、もっと日本語力が低いと、倉庫での荷物仕分けや食品工場での弁当の盛り付けなど、ほとんど日本語を話さない仕事にしか採用されないケースもあります。このようなアルバイトで疲れて勉強ができず、日本語力が上がらないため、いつまでもよいアルバイトに就けないという事例もあります。このような悪循環を避けるためにも、訪日前の勉強が一層重要になります。

⑥留学中は勉強中心、稼ぐのは就職後

借金返済や実家への仕送りを主目的に日本留学をする人がこれまで多くいました。しかし、このような「出稼ぎ」目的の留学では日本語力も十分に身に付かず、借金返済や一定期間の仕送りが済むと日本との関わりが終わってしまいます。

せっかく留学するなら、将来やりたい仕事やなりたい自分の姿をよく考え、その目標に近づくキャリアアップのために留学してください。「留学中は勉強、稼ぐのは就職後」という考え方が成功につながります。勉強に力を入れると大学などで奨学金をもらい学費も減免してもらえるケースがありますし、やりがいのある仕事に就けて生涯収入も大きくなることでしょう。

⑦なるべく日本人と交流

アルバイト先や短大・大学のサークル、地域の日本語勉強会などで日本人との関わりを積極的に持ってください。また、他国からの留学生とも日本語で積極的に交流してください。ベトナム人同士で固まりベトナム語ばかりを話していると、せっかく日本に住んでいる意味が半減してしまいます。

Vol. 4ボランティア日本語教室 (coming soon)